ページ上部へ戻る

銀河英雄伝説のクラシック音楽 part1

ビュー数
2740 views

グスタフ・マーラー 交響曲第3番ニ短調

第1話冒頭、シーズンの変わり目に多用される銀英伝の代表曲。

カール・ニールセン 交響曲第4番『不滅』

カールセンではない。劇場版「我が征くは星の大海」にて、レグニッツァ惑星上空の遭遇戦とアムリッツァで帝国軍が集結してきた場面に使用。

アントニン・ドヴォルザーク 交響曲第9番 ホ短調 作品95『新世界より』

何周見ても鳥肌物のアムリッツァ前哨戦での曲。第4楽章です。

ちなみに先ほどのは第4楽章で、アムリッツァ恒星に移ってからは第3楽章という、順序逆だけど同盟軍の切羽詰まった感と帝国の最終攻勢の感じが出ていいですね。

グスタフ・マーラー 交響曲第9番

ランテマリオ星域会戦などで第3楽章が使われました。

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン 交響曲第7番イ長調作品92

ドーリア星域会戦や要塞vs要塞で使用。迫力のある戦闘シーンに合います。名曲。